【心理学】限界効用逓減の法則とは?1杯目のビールが最高!?

スポンサーリンク
MarginalUtility マネーリテラシー

スポンサーリンク

1杯目のビールが最高に美味い!

想像してみてください。

夏の暑い日、ジムや温泉でひと汗かいて喉がカラカラの状態で飲む
1杯目のビールは、最高に美味しいはずです。

2杯目は、1杯目と同じとまでは言えないかもしれませんが、それでも美味しいでしょう。

3杯目も、2杯目と同じとまでは言えないかもしれませんが、まあまあ美味しいでしょう。

4杯目は、あれ?(以下、無限ループ)

この辺りにくると、もはや1杯目の感動を味わうことは難しくなっていると思います。

いくらビールが好きでお酒に強い人でも、5杯目あたりになってくると、もはや惰性で飲んでしまっているのではないでしょうか?

このように、ビール1杯あたりの効用(満足度)は、飲む量が増えるにしたがって、低くなっていってしまいます

これを “限界効用逓減の法則” と言います。

限界効用逓減の法則とは

 “限界効用逓減の法則” は、心理学や経済学の分野でよく用いられる専門用語です。

“限界効用逓減” は、 げんかいこうようていげん” と読みます。

英語で言うと…

 Law of Diminishing Marginal Utility

別名、ゴッセンの第1法則” とも言いますが、限界効用逓減の法則” という名称の方が、ビールの例を考えた時には理解しやすいですよね。

辞書的には、以下のように説明されています。

ある財の消費量の増加に伴って、限界効用はしだいに減少するという法則。効用逓減の法則。
(出典:デジタル大辞泉)

財1単位の増加から得られる効用すなわち限界効用は、その財の保有量(消費量)が増加するに伴って低下していくという法則。たとえば2台目の自動車から得る限界効用は1台目の自動車から得るものより小さい。オーストリア学派によって確立された法則。最初に注目した H. H.ゴッセンの名にちなんで「ゴッセンの第一法則」と呼ばれる。
(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

文章にするとやや堅苦しいですが、下の関連リンク先のグラフを見ても分かる通り、ビールの飲む量が増えるにしたがって、満足度” がどんどんと失われてく様子が直感的に理解することができます。

 

逓減” はあまり聞きなれない言葉で、減るのであれば 低減” で良いのでは?と思われるかもしれませんが、逓減” と 低減” の意味には明確な違いがあります。

 逓減しだいに減っていくこと

 低減:減ること

このように、逓減” には時間の概念があり、時間経過とともにしだいに減っていく様を表しています。

英訳の Diminishing” (減少している)という単語が、それを物語っています。

なお、逓減の反対語の ”逓増” は、しだいに増えていくことを意味します。

喉が渇いた時のビール” がこの法則を説明する上では分かりやすい例ですが、1杯目のビールの美味しさがわからない場合は、空腹時のおにぎり” で考えると分かりやすいです。

また、食欲に関してだけではなく、ビジネスや恋愛においても、この法則は当てはまると言えます。

交際し始めの時はお互いの気持ちが高揚して、高い効用が得られていますが、次第にその気持ちは薄れていく…という感じです。

日常生活で意識すべきこと

psychology

ここで、ビールの例に戻って、ちょっと考えてみてください。

最高に美味しかった1杯目も、惰性で飲んでる5杯目も、満足度が違うのに同じ値段です。

ビールを提供するお店側からしてみたら、商品として同じものを提供しているので、同じ金額で売るのは当然でしょう。

しかし、ビールを注文する消費者側からしてみたら、1杯目のビールと5杯目のビールでは得られる満足度が低くなっているのにもかかわらず、同じ金額を支払わなくてはなりません。

「俺の満足度は、アルコールの摂取量に比例するんだ!」という屁理屈はやめてください。
1杯目の美味しさ” から得られる満足度のことを言っています。

以上のように、ある種の繰り返し行われる支出活動において、「それから継続的に得られる満足度が、果たして金額に見合っているかどうか」というのは、常に意識しておかなければならないことです。

無駄な消費・浪費にならないよう心掛けながら、経済活動を営んでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました